猫と暮らす

猫の死によるペットロス

ペットロスは文字通りにいくと「ペットを失う」という意味になりますが、実際には、愛しいペットとの別れにより、寂しくて辛くて、何も手に付かなくて、心にぽっかりと大きな穴が開いたような・・・それはもう言葉では表せられない程の、大きな悲しみでいっぱいになるという意味で使われています。

 



感謝の気持ちを伝えるペット葬儀

 

可愛がっていて大切にしていたペットが亡くなってしまうのですから、この気持ちは飼い主なら誰もが経験する悲しみだと言えます。
更に、その悲しみの域を超えてしまい、日常生活に支障をきたすような症状を「ペットロス症候群」と言います。
現在では、多くの家庭で猫が飼われている時代です。そんな中、愛猫の死により悲しみに暮れ、ペットロスを経験している人も少なくないでしょう。
病気がわかり、ある程度理解していたものの、いざ亡くなってしまった時には親が亡くなってしまったかのような悲しみ・・・もう二度と会えないという悲しさから、頭ではわかっていても、体がついていきません。これがペットロスなのです。

 

猫のペットロスにおける症状

愛猫の死によりペットロスになってしまった場合、

  • 食欲不振
  • 思い出しては涙が止まらなくなる
  • 寝付けない
  • 体調不良や発熱
  • 何もやる気が起きない

等の症状が現れます。
もしも、猫の死の直後からこの様な症状が見られる場合は、ペットロスと考えても良いでしょう。このように、猫の死によるペットロスは精神的な症状から身体的な症状まで様々です。ペットロスの場合、病気とは違いますので薬では治す事ができません。、「何でもっと可愛がらなかったんだろう」、「たくさん遊んであげればよかった」、「あの時こうしてあげれば」・・・等、様々な後悔に押しつぶされそうになります。この後悔が1番辛かったりもするのです。

立ち直るには

愛猫を失った悲しみはとても深いものです。
寿命を経る中で、愛猫としっかりした絆が出来ている事が多いからです。
家族同然の存在として存在感を放っていた猫ちゃんが、ある日を境にいなくなってしまうことは、飼い主さんにとっても受け入れがたいと思います。

 

お葬式やお墓を作ってみる
ペットロスは飼い主さんの精神にも肉体にも、様々な症状が現れます
大事に愛情を注いで育ててきた猫ちゃんですから。当然、飼い主さんの悲しみは大きく孤独感や不安感、本当にもう会えないんだと落ち込んでしまいます
中にはそのまま食欲がなくなってしまったり、眠れなくなる方もいらっしゃるほどです。
気を紛らわせるわけではないですが、お葬式やお墓を作ることで愛猫とのお別れの機会を作る方法があります。
混乱することなく「1つの事実」として自身の意識に受け入れさせるのです。
とはいえ、ペットの葬式とかは何からはじめていいかわからない方も多いと思いますので、まずはネットなので検索してみましょう。24時間対応してくる業者さんも増えてきているので、近場にないか探してみてください。

 

思いっきり泣く
心が落ち込んでいるときは、あえて何もしない方が良い時もあります。
無理に行動しようとすると心が壊れてしまうかもしれないからです。落ち着くまで動いたりせずに我慢せず思いっきり泣きましょう。
悲しんで当然のことが起きたのですから、泣いてもいいのです。すっきりするくらいまで大泣きしましょう。
悲しみとしっかり向き合うことによって、時間と共に立ち直るきっかけになるはずです。

 

愛猫との思い出を整理する
それまでため込んでいた愛猫の写真などあれば、整理やお世話に使用していた物を綺麗にしてみましょう。
整理している間に愛猫との楽しい思い出も思い出すことができます。
目に見える形に残すことも、飼い主さんの気持ちを軽くしてくれると思います。

 



【ペット葬儀110番】専門の相談員が親切丁寧な対応をお約束いたします

 

覚悟はしておく


猫ちゃんとの寿命の違いはどうしてもありますが、いつかはこの日が来ます。飼い主さんもそれは承知の上で飼っているはずですので。
それでも悲しみはコントロールできないものですので、時間をかけてゆっくりと受け入れていきましょう。

ペットロスにならない為に

できれば猫の死でペットロスになるのを避けたい・・・そう思う方も、いらっしゃると思います。
ペットロスにより、自分の生活が困難になり日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。そして何より、愛猫もずっと悲しんでいる飼い主を、天国から見守るのはつらいはずです。

 

猫ちゃんの死に直面してもペットロスにならない為の方法はあるのか・・・と気になる所ですが、ペットロスにならないという方法は無いと思います。
気休めというわけではないですけど、幾つかご紹介していきたいと思います。

  1. 泣きたいだけ泣く
  2. 時間の許す限りゆっくりする
  3. 後悔を謝る
  4. 次に繋げる強い心を持つ

猫ちゃんの死によるペットロスの立ち直り方は人それぞれだと思いますので、あくまでも参考までに。

 

どうしても・・・という場合は新たな家族を迎えるというのも手です。
新しい猫を迎えるのは、何だか愛猫を忘れるみたいで嫌だと思うかもしれないですが、そんな事はありません。
亡くなった愛猫を忘れるハズもないし、新しく来た猫たちに何度も助けられ、元気も貰えることと思います。
ただ、アナタが責任をもって飼える状態かどうかを考える必要があります。

 

まとめ


大切な愛猫を失った経験がある方は、ペットロスを経験済みかと思いますが、まだ経験していない人にとっては未知の悲しみです。
ですが、猫を大切にしていた飼い主さんなら誰もが経験するでしょう。
ペットロスにならない為の方法なんて、いくら探してもありません。それなら、思う存分悲しんで、たくさん後悔して、ペットロスから早く立ち直る事を目標にしましょう。
これこそが亡くなった愛猫に対して、私たち人間ができる最大の供養になりますので。

 



ペット葬儀について不安なことはなんでもご質問ください【ペット葬儀110番】

ペットロス記事一覧

ペットは人間より短命のため、飼うことによっていずれ訪れてしまう悲しい宿命です。家族同然のペットを失うことは時には、立ち直れないほど深い傷を心に受けます。悲しみが重症化してしまい、身体や精神に異常をきたすペットロス症候群になってしまったりするケースもあります。いざ愛している猫ちゃんが亡くなってしまったら、いったい自分はどうなってしまうのだろう・・・家族同然の愛猫がいなくなってしまうことの恐怖を感じる...

page top