猫と暮らす

キャットフードの種類

キャットフードには目的別に大きく分けて、主食となる総合栄養食・おかずとしての一般食・おやつやふりかけなどの間食・療法食の4つがあります。

 

日々の食事としては、総合栄養食と水で十分でしょう。
猫ちゃんは肉食動物なので、たんぱく質や脂質は欠かせません。
総合栄養食は、鶏肉や牛肉などの肉類、サーモンや白身魚などの魚類を主な原材料に、成長段階に合わせて猫に必要な栄養素がバランスよく配合されています。
一方、一般食やおやつは単体では栄養に偏りが・・・。毎日の食事のトッピングやしつけのご褒美として、カロリーオーバーにならない程度に補助的に与えるものです。
療法食については、病気をした際の食事となるので、獣医師の指導のもと選ぶのがベストです。
さらに、キャットフードは含まれる水分量によって、ドライ、ソフトドライ、セミモイスト、ウェットの4つの形態に分けられます。
水分量によって保存方法や食感に違いが出てくるので、飼い主のライフスタイルや猫ちゃんの好みで選ぶといいでしょう。

 

ドライフード

含まれる水分が10%以下で、その名のとおり乾燥していて、カリカリの食感の基本となるキャットフードです。
カリカリなので、歯石がつきにくいというメリットも♪
また、水分が少ない分、カビや細菌も繁殖しにくく、日持ちもします。
1食分ごとに小分けにしておくのがおすすめです。

 

ソフトドライフード

25?35%ほどの水分含有量で、加熱発泡処理をしたキャットフードを指します。
ドライフードと形状は似ていますが、ドライフードよりも柔らかくしっとり感が増して食べやすくなっています
水分量が多い分、長期保存には向いていません。

 

セミモイストフード

ソフトドライ同様、水分含有量は25?35%程度ですが、発泡していないキャットフードとなります。
いわゆる「半生タイプ」と呼ばれるものです。
嗜好性が高く、柔らかい食感のため、歯やあごの力が弱くなった猫におすすめ。
ただし、保存が難しく、キャットフードにはほとんど見られないタイプで種類もあまりありません。

 

ウェットフード

75%ほどの水分量で、殺菌処理された後、缶詰やレトルトパウチなどに入れられます。
開封後は日持ちしないので、食べ切らなければなりません。
水分量が多いので、あまり水を飲まない猫ちゃんにおすすめです。
ただし、歯石がつきやすいので、歯磨きも忘れずにしましょう。

 

キャットフードは年齢に合わせて変える

猫ちゃんも人間同様に年を重ねるごとに体が変化していくということを覚えておいてください。
大まかには、生後12ヵ月ごろまでの子猫、1歳以上の成猫、7歳以上の老猫と3つのライフステージに分けられます。
それぞれのライフステージで必要な栄養素のバランスも変わってくるので、猫の成長に合わせてキャットフードも切り替えていくようにしましょう。

切り替えは、新しいフードを少しずつ混ぜるなどして、様子を見ながら徐々に行うようにしてください!

ちなみに、生後3〜4週間(体重およそ400g)まではミルクで育てます。

 

子猫(〜生後12ヵ月)の場合
子猫の成長は著しく、その変化に合わせて食事も変えていかなければなりません。
生まれてから4週目ごろまでは子猫用ミルクを与え、生後1ヶ月を過ぎるころには子猫用の離乳食、乳歯が生え揃ってくる生後1ヵ月半から2ヵ月ごろには子猫用のキャットフードへと切り替えていきます。
また、生後6ヵ月前後には去勢・不妊手術が受けられるほどに成長します。
手術後は太りやすくなるため、去勢・不妊手術後用のフードや、子猫用よりも低カロリーな成猫用のキャットフードに変えて肥満を予防しましょう。

 

成猫(1歳以上)の場合
猫ちゃんの体は、およそ1年でできあがります。
去勢・不妊手術をまだ受けていない場合は、1歳をめどに成猫用のキャットフードに切り替えるといいです。
その前に去勢・不妊手術を受けた場合は、手術後から成猫用キャットフードに切り替えを。主食は必ず栄養バランスが優れた「総合栄養食」の表示があるものを選びましょう。

 

老猫(7歳以上)の場合
猫ちゃんの7歳は人間の年齢に換算すると44歳。
少しずつ老化が始まってくる頃です。
老化を感じ始めたら、成猫用からシニア猫用フードに切り替えるタイミングです。
猫ちゃんによって個体差はありますが、7歳から11歳ごろが適齢期。
シニア猫用のフードは消化がよく、加齢によって不足する栄養素を多く含みます。
歯が悪くなっている場合は、ドライフードをお湯でふやかしたり、やわらかいウェットフードを取り入れたりするなど、食べやすいように工夫してあげるのも大事です

 

トラブルに合わせてキャットフードを選ぶのも手

キャットフードも猫ちゃんのお悩みに特化したものが売られています。
肥満が気になる場合はカロリーが低めでも栄養バランスのいいダイエット用のキャットフードにしたり、毛玉ケアをしてあげたい場合には食物繊維が多く毛の排出を促してくれる毛玉対策フードにしたりするなど・・・。
猫ちゃんが抱えるトラブルに合わせてキャットフードを切り替えるのも一つの手です。
また、去勢・不妊手術後には、ホルモンバランスの変化によって基礎代謝が落ちて太りやすくなるため、去勢・不妊手術後用のフードを活用して、カロリーコントロールするのもよいでしょう。

 

病気中のご飯は獣医師に相談を

猫ちゃんには、尿石症や腎臓病など食事制限のある病気があります。
病名がわかっていたとしても、これらのフードはかかりつけの獣医師の指示に従って与えるようにしましょう。
動物病院によっては病気や症状にあったキャットフードを購入することができるところもあるので、まずは相談をするのが第一です。

食べさせてはいけないもの

猫は陸上で生きる肉食動物です。
その生態から、猫に最適な食材は、基本的には陸上で生活する動物の肉類と覚えておくといいでしょう。

ただし、生肉は寄生虫や細菌がいる可能性があるので、必ず火を通してください。
魚は白身魚や赤身魚を少量であれば食べさせてもOKですが、生よりも加熱している方がベターです。

また、野菜や果物類は積極的に与える必要は特にありません。

 

猫のご飯に適さない食材

人にとっては無害で栄養価が高くても、猫が食べると中毒症状や病気になってしまう食材があります。
意外かもしれませんが、チョコレートや玉ねぎなどネギ類は危険度大です!
イワシやアジなどの青魚もたくさん食べすぎると黄色脂肪症になるので要注意です。

 

与えてはいけないもの

どこの家庭にでもある食材の中には、猫ちゃんに与えてはいけないもの、与えすぎていけないものがあります。
普段から目の届かない場所に置かないように注意が必要です。

塩分の多いもの

塩分の排出が得意ではない猫ちゃんにとって塩分の過剰摂取は、心臓や腎臓疾患の原因となります。
人間の食事はどんなに薄味であっても、猫ちゃんにとっては高塩分です。可愛いからといって人間の食べ物を与えるのは止めましょう。

 

ネギ類

タマネギやニラ、ニンニクなどのネギ類は、それらに含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分が猫ちゃんの赤血球を破壊するため、決して与えてはいけません。
猫ちゃんが食べると、重度の貧血や血尿・血便、呼吸困難、下痢、嘔吐などを起こす危険があります。
この物質は加熱しても分解されないので、ハンバーグやシチューなどネギ類の入った加工食品や料理にも注意が必要です。

 

鳥の骨・魚の大きい骨

猫にとって鳥の骨は禁物です。
鳥の骨は鋭く尖った形に割れるので、口の中や喉を傷つけたり、また便秘の原因になったりします。
魚の骨も大きいものに限っては、注意が必要です。
小骨までとってあげるほど甘やかしてはいけませんが、タイの骨などのように大きい骨は避けたほうがいいです

 

牛乳

牛乳は確かに様々な栄養素を含んでいますが、猫ちゃんの完全食品ではありません。
あえて与える必要がないのです。
また、ラクトース(乳糖のこと)を多く含むので、体内で消化しきれない場合、下痢の原因となります。
特に子猫の場合は、注意する必要があります。

 

完全に冷えたもの

長く冷蔵庫にしまっておいて、完全に冷えたものを冷蔵庫から出してすぐに与えるのは好ましくありません。
寒冷刺激によって腸炎を起こすことがあります。

 

チョコレート

原料のカカオには「テオブロミン」という成分が含まれており、猫ちゃんは中毒を起こすことがあります。
下痢や嘔吐、痙攣、興奮、不整脈などの症状があらわれ、最悪の場合は死に至ることも
チョコレートを使った食べ物を与えないだけでなく、包み紙などもすぐに片付けましょう。

 

植物(花・観葉植物)

植物や花の中には猫にとって毒性が強いものもあります。
たとえば、ユリ科は花や葉だけでなく花粉や花瓶の水でも、嘔吐や下痢、急性腎障害(急性腎不全)などの症状が出ることがあります。
アロエやアイヴィー、ポインセチアなど観葉植物も、猫が葉などを食べると嘔吐や口周りの炎症、下痢などを起こすことがありますので注意しましょう。

 

お酒(アルコール)

猫ちゃんの肝臓はアルコールを分解する力が弱いです。
このため、嘔吐、下痢、震え、呼吸困難など急性アルコール中毒を起こすことがあります。
少量でも猫にとっては致死量になることもありますので、飲ませてはいけません。

 

コーヒー、お茶(カフェイン)

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには、興奮作用があります。
頻脈や過度の興奮、呼吸が速くなる、痙攣、下痢、嘔吐などの原因となり、過剰に摂取した場合は命に関わることもあります。

 

レーズン、ぶどう

原因ははっきりしていないものの、猫が食べると下痢や嘔吐を起こすと考えられています。
レーズンの入ったパンやお菓子なども避けたほうがよいでしょう。

page top