猫と暮らす

猫と飼い主の掃除にまつわる悩み

短毛・長毛種に関わらず、猫ちゃんは抜け毛がひどいですよね。
飛び散ったトイレの砂なども、踏んだりすれば痛いですよね。
まぁ、マメに掃除すればいいだけなのですけど…猫ちゃんは大きい音が苦手で掃除機を怖がるので、頻繁に掃除機をかけることがストレスになりかねません。
細かくなった砂が肉球や毛に付着したち、舐めたり食べたりしてしまう危険性もあります。

 

掃除を始める前には、換気と整理整頓が大事

床や棚に出ているものは片づけて、あらかじめ掃除機をかけやすいようにすると作業の効率がアップします。
24時間換気がベストですけど、難しい場合はキッチンのレンジフードの換気扇を一定時間回しながら窓を少し開けるなど、機械換気と自然換気をうまく併用するといいでしょう。
掃除の順序は『上から下へ』です。
エアコンや棚、照明器具の上の埃とりから始め、エアコンのフィルター、キャットタワー、床へと下りていきます。窓のサッシの溝や障子枠など空気の通り道になっている所も、猫の毛や埃がたまりやすいので見逃せません!

 

床はワックスを掛けずに水拭きがおすすめ

猫はいつも毛づくろいをするため、足の裏をペロペロと舐める習慣があります。
床に付いた足跡などは水拭きで清潔にしてあげましょう。また、カーペットを用意して足跡がつかないように対策するのも一つの手です。

万が一ワックスを使う場合は、猫が舐めても安心な成分のものを選びましょう。

 

カーペットや布団などの布地

布地の場合、猫の毛は繊維に入り込んで取るのが大変です。
そんな時はゴム手袋を使ってみましょう!
その他、コロコロ(粘着性ローラー)や掃除機も効果的です。
布団の場合、毛が付きにくい綿100%素材のカバーを付けることも予防として効果的です。
生地がサラサラしていて毛が残らず、静電気も起きないため、猫は安心して寝ることができます。

 

キャットタワーの汚れ

素材に合わせて掃除方法を変える必要があります。
布地の場合は、上述のゴム手袋を活用してみましょう。
木製や紙製の場合は、はたきで毛やホコリを取り除けば完了です。
猫ちゃんは高いところが大好きなので、猫ちゃんの目線になって隅々まで掃除してあげましょう。

 

エアコンフィルター

エアコンフィルターにも、猫ちゃんの毛が入り込んでいます
多頭飼いの家庭は特に毛の量が多いので、定期的に掃除機やブラシを使って毛を取り除きましょう。

 

猫の匂い対策の掃除方法

 

トイレ掃除のコツ

トイレ後のお掃除を怠っていると、そこから臭いが発生して室内に充満してしまいます
日頃の習慣を少し変えるだけで臭いを軽減させることができます。

  • トイレ使用後はすぐに片付ける
  • 掃除しても臭いが残っているときは消臭剤を使ってみる
  • 月に1回は猫砂を入れ替え、トイレを水洗いする

 

洗濯機でにおい取り

洗濯機で洗えるクッションやタオルなど、臭いが取れない場合は猫に安全なグッズで臭いを取るのもおすすめです。

化学合成物質を使用せず、ペットにも優しい純度99.95%のピュアマグネシウムで洗濯をします。

 

食器やおもちゃの掃除

日常的に行うのが猫の健康のために最も重要ですが、意外と放置されがちです。
食器やおもちゃは猫ちゃんが舐めることで雑菌が付着するので、必ず清潔を保ちましょう。
食器用漂白剤に浸したり、熱湯消毒したりすることも効果的です。

 

人も猫も掃除で快適な毎日を!

人に負けないくらい猫ちゃんは綺麗好きです。
効率よく掃除しつつ、愛猫と一緒に快適な日々を過ごしましょう!

トイレの掃除

多くの飼い主さんを悩ませているのが、猫ちゃんのトイレにしみついた汚れやニオイだと思います。
猫ちゃんのオシッコ特有のニオイやしつこい汚れを落とすには、ペット専用のお掃除グッズが有効です。
手軽にふき取り掃除ができるシートタイプ、泡が密着して強力に汚れやニオイを落とせるスプレータイプなら、丸洗いより負担が少なくおすすめです。

 

お悩みで圧倒的に多いのは「トイレ容器本体」

困っている部分としてあげられたのが、システムトイレのスノコやトレー、容器のつなぎ目や本体の外側など、トイレ容器本体です。
猫ちゃんのトイレは、スタンダートな「固まる猫砂用トイレ」と、二層式の「固まらない猫砂用トイレ」(システムトイレ)の2種類があります。
このうち「システムトイレ」は、上の段がスノコに、下段がシートやマットを敷けるトレーになっています。
オシッコはスノコを通過してシートに吸収される仕組みです。シートやマットは週に1度程度交換しますが、オシッコが付着するスノコやトレーにも当然、ニオイや汚れがつきます。

 

オシッコ臭は、家庭用洗剤では落ちにくい?

キツイ猫ちゃんのオシッコ臭までしっかり取り除くのは難しい、と感じている飼い主さんも多いと思います・・・・。
実は、猫のトイレ容器にはニオイを発する特有の菌も存在しているのです。
こびりついたニオイや汚れまできちんと落とすためには、そのような菌までしっかり対応した洗剤を使いたいです。

シートや猫砂等の交換だけでは、トイレの清潔は保てません。
かといって、頻繁に容器を丸洗いするのも大変です。
ペット専用のお掃除クリーナーを使えば、猫特有のオシッコのニオイもしっかり消臭できます。

何より大切なのは、汚れをためこまず、こまめに掃除をすることです。
汚れ落ち効果が高いスプレーと手軽なシート、2つのアイテムを使い分けながら、「ちょこっと掃除」を習慣にしていけば、ネコちゃんにとっても、気持ちのいいトイレをキープできるでしょう。

 

消臭剤ですっきり空間へ

猫ちゃんのウンチやオシッコは、健康のバロメーターでもあります。
猫ちゃんのトイレは、リビングなど飼い主さんがいつでもチェックできる場所に置いておきたいものです。
だからこそ、猫ちゃんも飼い主さんも気持ちよく過ごすためのニオイ対策も大事なのです。
そこで有効なのが、ペット専用の消臭剤です☆彡
ペットへのやさしさを考えた、オシッコやウンチなどの気になるニオイを元から消臭してくれる消臭剤は、気持ちいい暮らしの心強い味方です♪
排泄物のニオイ専用のものだけでなく、お部屋のニオイを消臭してくれるアイテムも登場しています。ペット特有のニオイが気になっている方は、ソファーなど布製品に使うのがおすすめです。
便利なお掃除アイテムや消臭剤を活用して、猫ちゃんと過ごすお部屋をより快適に、居心地よくできるといいですね。

部屋は毎日の掃除と定期的な掃除で楽になる!

猫ちゃんはとてもキレイ好きな動物で、汚れたお部屋には居たくないことでしょう。
猫ちゃんを飼っているならば、家族である猫ちゃんが快適に暮らせるように、お部屋の掃除をすることは飼い主さんの役目です。
猫ちゃんを飼っている方は、毎日のお掃除が実は一番大切です。
毎日のお掃除をサボってしまうと、飼い主がアレルギーになってしまったり、猫ちゃんが病気になってしまったりすることもあります。

猫ちゃんの飼い主がアレルギーになってしまうと、その後猫ちゃんを飼い続けることも難しくなってしまいます。
また大切な家族である猫ちゃんが病気になってしまうと、何より猫ちゃんが苦しい思いをしますし、飼い主も悲しい思いをします。

飼い主である自分自身のためにも、猫ちゃんのためにも、毎日のお掃除を心がけましょう。

 

お掃除グッズを選ぶポイント

 

猫ちゃんと人が共有できるお掃除グッズを選ぶ

カーペットやフローリングに敷いたラグなどをお掃除するために重宝するのが「コロコロ」です。
ペット用品を見てみると、猫の毛対策で便利そうな専用のグッズが販売されています。
コロコロならば、人も洋服の抜け毛を取るのに役立ちます。
また、猫専用の体拭きを購入する方もいらっしゃいますが、アルコール成分の入っていないウェットティッシュなら猫ちゃんの身体を拭けます。
猫ちゃんに無害な成分で、人間が直接体に取り入れるもの以外は、人と猫ちゃんが共有できるグッズでも問題ありません。

 

猫ちゃんのいる部屋ごとに置けるグッズを選ぶ

猫ちゃんを飼っていると、抜け毛対策は必須です。
あまりにも抜け毛が溜まってしまうと、人が猫アレルギーを発症する可能性が高くなってしまいます。
思い立った時に、すぐにお掃除できるグッズを猫ちゃんがいるお部屋ごとに置いておくと良いでしょう。
コロコロやエチケットブラシは、高いものでなくていいので各部屋に置いておくと便利です。
また猫ちゃんはよく嘔吐する動物ですから、ティッシュペーパーやウェットティッシュ、除菌用スプレー(アルコールなしのもの)なども各部屋に常備しておくことをおすすめします。

 

紐状のグッズや小さいグッズは避ける

便利なお掃除グッズであっても、ひも状のグッズや小さいグッズは避けた方が良いでしょう。
猫ちゃんは好奇心旺盛な動物ですから、紐状のグッズには本能的にじゃれて遊んでしまいます。
飼い主が仕事などで不在の時に、ひも状のお掃除グッズでからまって事故に遭ったケースや小さいものを飲み込んでしまい、手術になってしまったケースもあります。
食べ物以外のものを飲み込んでしまう異食症の猫ちゃんもいますので、誤飲の事故を防ぐためにも紐状のグッズや小さいグッズは置かないようにしましょう。

 

猫のお部屋グッズの掃除は定期的に

猫ちゃんがいるお部屋のグッズの中には、最初にご紹介した毎日のお掃除用グッズの他に、定期的に使うお掃除グッズもあります。
猫ちゃんは他のペットに比べて抜け毛の量がものすごく多くて、部屋に置いてある家電のフィルターはすぐに目詰まりしてしまいます。

 

エアコンフィルター

夏場も冬場も、猫ちゃんのためにエアコンをつけっぱなしにしているご家庭は多いのではないでしょうか。
エアコンをずっとつけていると、結露や梅雨時期の湿気でカビが生えてしまうこともあります。
エアコンのフィルター掃除は定期的にお掃除したい箇所の1つです。
カビが生えてしまった状態でエアコンをつけっぱなしにしておくことで、カビの胞子を猫ちゃんが吸い込み続けるのは避けたいところです。
2週間に1回の掃除が理想だと言われますが、難しい場合にはエコキャットでエアコン掃除をしてみるといいと思います。

 

空気清浄機

猫ちゃんを飼っているお部屋に空気清浄機を置いているご家庭も多いでしょう。
しかし、猫の毛はとても細くて、空気中を常に漂っています。そのため空気清浄機のフィルターもすぐに目詰まりを起こしてしまいます。
空気清浄機のフィルターを最低でも週に1回はお掃除することをおすすめします。

 

掃除機

猫ちゃんがいる場合には、掃除機は必需品です。
しかし、掃除機自体のお掃除もしっかりできている方は少ないのではないでしょうか。

猫ちゃんの抜け毛には、カビやダニなどが繁殖しやすいため、定期的に掃除機自体のお手入れもするようにしましょう。

カビやダニを発生させないためには、猫ちゃんの抜け毛がなるべく部屋にない状態にすることが鉄則です。

 

キャットタワーや猫ベッド

猫ちゃんがくつろぐキャットタワーや猫ベッドも、抜け毛やほこりが溜まりやすい場所の1つ。
高さのあるキャットタワーのハンモックやいつも猫ちゃんが寝ている猫ベッドにカビやダニが繁殖しやすくなります。
また、猫ベッドは猫ちゃんが一番使う時間も長い場所ですから、清潔にしておきたいものです。
ちょっと面倒でも、定期的にお掃除することで、カビやダニの発生を抑えることになりますし、アレルギーになることも防げます。

 

まとめ

猫ブームで猫ちゃんを飼う家庭が増えてきたこともあり、お部屋の掃除に頭を悩ませている方は少なくありません。
猫ちゃんを飼っている家庭では、大掃除でまとめてお掃除するよりも、毎日のお掃除と定期的なお掃除をするほうが猫ちゃんが快適に過ごせる環境を作ることにもつながります。
長く一緒にいたい大事な家族だからこそ、飼い主である人も猫ちゃんも健康に過ごせる環境が大切です。猫ちゃんのお部屋をこまめにお掃除して快適な居場所をつくってあげましょう。

 

page top