猫と暮らす

猫との生活

猫と暮らす上で、知っておくといいところを載せてみます。

 

お散歩へ連れていく必要がない

犬は定期的に(できれば毎日))お散歩へ連れて行ってあげないといけません。
しかし、猫を室内飼いする場合は、お散歩は必須ではありません。
これが、「猫を飼うのは楽」と考えられている所以です。
野生の猫ちゃんは散歩好きですが、基本的にはお部屋の中で過ごさせて大丈夫です。

 

しつけする必要がない

猫は一度トイレの場所を覚えれば後はそこにおしっこやウンチをするので、トイレも自然に覚えます。
基本的に静かな動物なので鳴くのがうるさい!という子もいないでしょう。
ただ、逆に躾はできない生き物ではあります。猫はもともと単独行動をする生き物でないので、協調性という概念がないので周囲に合わせる必要がないのですね。

 

必要な物

必須アイテム

トイレとトイレ砂

猫は本能的に砂がある場所をトイレだと認識しますので、飼い始める前にトイレを用意しておいてあげると排泄の失敗を防ぐことができます。
トイレ砂を入れるための専用の容器は市販されています。屋根があるタイプのもの、おまる型のものなど形状や大きさは様々ですので猫の大きさやトイレの設置場所に合わせた物を用意してあげましょう。
トイレ砂は紙・木・鉱物タイプの他、シリカゲルなど様々な素材でできたものがあります。中にはではなく匂い玉のようなものも。
固まり方やゴミの出し方、値段などがそれぞれ異なりますので事前に注意してください。

どの猫も綺麗好きなので、常に掃除して綺麗にしておきましょう。

 

キャットフード

人の食事と同じようなものを与えていると栄養が偏ってしまい体調不良の原因にも繋がります。とくに猫は尿の病気になりやすいので注意が必要です。
鰹節やカニカマは与えると喜ぶのですが、栄養価が高すぎるので肥満の原因にもなります。
猫用のドライフードやウェットフードを用意してあげてください。 いずれの場合も総合栄養食と書かれたものをご用意ください。

 

猫用食器

水飲み用と餌皿が必要です。ステンレスや陶器、プラスチックなど・・素材も様々で猫用に深さや形を工夫された物もあります。
ある程度の重さ・安定感があるものの方が食事中などに動きにくく食べやすいようです。子猫の内はあまり深いものを用意しても上手く食べられないこともありますので、浅い小皿などで代用するのも良いかもしれません。

 

キャリーバッグ

猫を迎えに来る時はもちろん、病院に連れていったりする時にも必要になります。猫は狭くて暗い場所を好む子が多いので中に布を敷いて部屋に置いてあげると隠れ場所として寝床にする事もできます。掃除のしやすい物、扉がしっかりしていて壊れにくい物を選びましょう。

 

爪とぎ

段ボール製、木製、布製など色々な素材・形状のものがあります。用意したからといって必ずしもそこだけで爪とぎをするわけではありませんが爪とぎを設置してあげることである程度は家具や壁・床での爪とぎを防ぐことができます。

 

あると良い猫グッズ

オモチャ

猫じゃらしやボールなど、運動不足を解消したり飼い主さんとの楽しい時間のアイテムになります。

 

ケージ

先住猫がいる場合や怖がりな猫の場合の避難場所として用意しておくと便利かもしれません。
急なお客さんの対応にも。

 

首輪

オシャレのためや居場所がわかるように鈴を付けたりします。
安全の為にどこかに引っかかると簡単に外れる仕組みの物もあります。

 

キャットタワー

運動不足の解消と、爪とぎや寝床になったりします。
部屋の広さや高さに注意しましょう。

猫との生活記事一覧

一般的に「猫は留守番もできるし、一人暮らしでも大丈夫!」 と言われていますけど、猫ちゃんのことを良く知らずに、一人暮らしで寂しいからといって安易な考えで飼ってしまうと、後悔することがあります。飼育しきれずに、途中で実家や友人に譲ってしまったという人も実際にはいます。まず、一人暮らしで猫を飼いたいと考えている人は、下記に載せているデメリットをクリアできるか考えてみてください。猫アレルギーの人は健康被...

猫を飼っている人の悩みは、掃除してもまたすぐに部屋に舞い散る猫の毛、そして飼い主はいつの間にか慣れてしまっているかもしれないニオイではないでしょうか?掃除を始める前には、換気と整理整頓が大事です。床や棚に出ているものは片づけて、あらかじめ掃除機をかけやすいようにするのも作業の効率化が図れるでしょう。掃除の順序は『上から下へ』です。エアコンや棚、照明器具の上の埃とりから始め、エアコンのフィルター、キ...

page top